木星の衛星「ガニメデ」とは?【簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
ガニメデ
この記事を書いている人 - WRITER -

Ganymede [12 inch Analog]

木星の衛星「ガニメデ」とは、どんな衛星なのか?

 

木星の衛星「ガニメデ」について
なるべくわかりやすく解説していきます。

木星の衛星「ガニメデ」とは?【ガニメデの概要】

Ganymede Moon |惑星と衛星Astronomy Galaxyポスター、プリント、画像や額入り壁アート装飾 – ソーラーシステム教育フォトコレクション – 休日クリスマスギフト 19x25 Framed

2018年10月現在では
木星にある衛星の総数は79個確認されています。

ガニメデはその中のひとつで木星の第3衛星です。

 

太陽系に存在する衛星の中では最も大きく、
直径5,262.4㎞と惑星である水星よりも大きいです。

 

ガニメデの表面には
クレーターに覆われた暗く古い地域と、
溝や尾根のある明るく新しい地域に分かれています。

平均して4.6等級と比較的明るい衛星なため、
双眼鏡でも観察することができます。

 

 

木星の内側から7番目の軌道を回っており、
公転周期は7.155日です。

 

同じく木星の衛星である
「イオ」と「エパウロ」と軌道共鳴の状態にあります。

※軌道共鳴とは2つの天体が
互いに規則的周期的に重力を及ぼし合うことで
両者の公転周期が簡単な整数比になる現象のことをいいます。

 

この3つの木星の衛星は、
太陽系で唯一の「ラプラス共鳴」と呼ばれる特殊な関係で成り立っています。

 

木星の衛星「ガニメデ」の概要
  • 名称:ガニメデ (Jupiter III Ganymede)
  • 別名:Jupiter III/J 3
  • 分類:木星の衛星
  • 平均直径:5,262.4km

 

木星の衛星「ガニメデ」は、いつ、誰が発見した?

地球の木星Io Europa GanymedeとCallisto Moons Space ノベルティ卓球ピンポンボール3パック

ガニメデは1610年1月7日に
イタリアの天文学者であるガリレオ・ガリレイによって発見されました。

同じときに以下の木星の衛星も発見しています。

  • イオ
  • エウロパ
  • カリスト

そして、
「ガニメデ」を含めたこれら4つを合わせて「ガリレオ衛星」と呼びます。

 

木星の衛星「ガニメデ」の名前の由来

地球の木星Io Europa GanymedeとCallisto Moons Space オーバルトウヒッチカバートレーラープラグインサート2"

「ガニメデ」の名前の由来は
ギリシア神話に登場する美少年として有名な
イーリオスの王子「ガニュメーデース」のラテン語形「ガニメデ」に因んで命名されました。

 

この名はガリレイが名付けたのではなく、
ガリレイと同時期に
ガリレオ衛星を発見したとされる
シモン・マリウスによって命名されています。

 

木星の衛星「ガニメデ」に宇宙人がいる可能性あり?

ハンス・フォン・マレース Hans von Marées 「The Abduction of Ganymede. 1887」 額装アート作品

1973年、
世界初の木星探査機パイオニア10号によって
ガニメデの近接観測が行われました。

その後もパイオニア11号、ボイジャー1号、
ボイジャー2号と何度も近接観測が行われています。

 

2015年3月にはNASAの
ハブル宇宙望遠鏡を使ったオーロラ観測により
ガニメデの厚い氷層の下には
広大な海(塩水)が存在することを発表しました。

その研究結果によると
ガニメデの海の容積は地球の海よりも大きいと推測されています。

 

生命の維持に必須条件である
水が存在するということは
ガニメデには地球外生命が存在する可能性があります。

 

今後も注目される衛星のひとつで、
近い将来何らかの生命の発見があるかもしれません。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2019 All Rights Reserved.