火星の衛星「フォボス」とは?【簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
火星の衛星「フォボス」
この記事を書いている人 - WRITER -

 

スペースX Mars :フォボス&観光Deimos – 11 x 17 Framedスペースポスターby Wallspace

 

火星の衛星「フォボス」とは、どんな衛星なのか?

 

火星の衛星「フォボス」について
なるべくわかりやすく解説していきます。

火星の衛星「フォボス」とは?【フォボスの概要】

火星の衛星「フォボス」

 

火星の衛星「フォボス」は
火星が持つ2つの衛星うちの1つです。

 

フォボスは太陽系の惑星の衛星の中では
最も主星の近くに位置しています。

その距離は
火星の表面から6,000km以内の軌道を回っています。

 

また、フォボスの軌道は低く、
火星の静止軌道よりも内側にあるため、
公転速度は火星の自転速度よりも速いのです。

そのため、
フォボスは西から上り東へと沈むスピードが速く、
11時間後に再び西から上るため1日に2回も上ります。

 

しかし、
火星が地球に接近した時でも
フォボスは11等級であるため肉眼で見ることはできません。

大望遠鏡では観測することができ、
表面の部分には多くのクレーターと溝で覆われています。

フォボスが持つ最大のクレーターは
直径でおよそ13kmもあるとされ、
フォボスの直径の3分の1近くにもなります。

 

 

火星の衛星「フォボス」の概要
  • 名称:フォボス (Mars I Phobos)
  • 別名:  Mars I/M 1
  • 分類:火星の衛星
  • 直径:22.2 (27 × 21.6 × 18.8)(㎞)

 

火星の衛星「フォボス」は、いつ、誰が発見した?

Washington Observations for 1870. Appendix II. Reports on Observations of Encke's Comet during Its Return in 1871

火星の衛星「フォボス」は
1877年8月18日に発見されました。

発見者はアメリカの天文学者である
アサフ・ホールで、
反射望遠鏡による観測によって確認されました。

 

この数日前には
火星にあるもう1つの衛星である「ダイモス」も発見しています。

 

火星の衛星「フォボス」の名前の由来

星と神話 物語で親しむ星の世界

「フォボス」という名前は
ギリシア神話の神「ポボス」の名にちなんで
発見者のアサフ・ホールが命名しました。

 

このとき、
アサフ・ホールが発見したもう1つの衛星には
ポボスの兄弟であるデイモスから
「ダイモス」というが名付けられています。

 

火星の衛星「フォボス」の起源

銃夢火星戦記(3) (KCデラックス)

フォボスの起源は
はっきりわかっていませんが2つの説があります。

1つは、
火星の重力によって捕獲された
小惑星だと考える捕獲説であること、

もう1つは、
地球の衛星である月と同様に
火星も巨大衝突によって
2つの衛星が形成されたという説があります。

 

火星の衛星「フォボス」の未来

An Astronaut Makes最初Human Contact with Mars Moon Phobosポスタープリント( 32 x 24 )

 

フォボスは
火星の自転より速く公転しているため、
火星の潮汐力(重力)によって徐々に火星へと引きつけられています。

 

そのため、
3,000万年から5,000万年後には
火星の表面に激突してしまう可能性や、
破壊されて火星の環となると考えられています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2019 All Rights Reserved.