ほうおう座ってどんな星座?【神話も紹介】

WRITER
 
鳳凰
この記事を書いている人 - WRITER -

ほうおう座ってどんな星座?

 

この記事では
ほうおう座がどういう星なのか、
また神話についても
詳しく紹介していきます。

ほうおう座ってどんな星座?【ほうおう座の概要】

SOUL OF JAPAN 鳳凰と雲/GD

ほうおう座は
秋の星座や南天の星座として紹介される星座です。

10~1月の南の夜空に現れ
秋にもっとも見頃を迎えますが、
地平線ギリギリにしか昇らないため
星全体を見ることは日本では難しいでしょう。

 

南半球の地域では、
8~12月頃にかけて見ることができます。

ほうおう座の北には
ちょうこくしつ座やくじら座などが見え、
東にはろ座やエリダヌス座が見えます。

また、
南にはきょしちょう座やみずへび座が見え、
西にはつる座やみなみのうお座、やぎ座が見えるでしょう。

 

さまざまな星座に囲まれた中で
特にエリダヌス座の1等星である
エリダヌス座α星(アケルナル)は
ほうおう座を探す際の目印としてよく使われています。

ほうおう座の概要
  • 名称:ほうおう
  • 学名:Phoenix
  • 略 符:Phe
  • 概略位置 :赤経・ 1h00m / 赤緯・-48°
  • 概略面積 :469平方度
  • 20時南中:12月2日
  • 南中高度:約6°
  • 主な季節:南天
  • 肉眼星数:約70個
  • 設定者:バイエル

 

ほうおう座を構成する星について

シルク扇子 鳳凰・龍 504-740

ほうおう座はひし形の一角から
L字とI字に伸びて星が並んでいます。

このひし形は3等星と4等星から構成され、
L字に伸びた所にほうおう座唯一の2等星があります。

その恒星が
ほうおう座α(アルファ)星です。

 

ほうおう座α(アルファ)星

ほうおう座α(アルファ)星は
ほうおう座の中で最も明るい恒星で2.37等星です。

鳳凰の左の翼部分に位置しています。

 

ほうおう座α(アルファ)星は
みなみのうお座の1等星である
α星フォーマルハウトと、
くじら座の尾にあたる2等星、
β星ディフダとの3つの星で
正三角形を形作っているため見つけやすいでしょう。

 

固有名はアンカア(Ankaa)といい、
アラビア語でフェニックスを指す言葉に由来します。

2016年7月20日には正式に固有名として承認されました。

 

ほうおう座の神話について

中谷兄弟商会 山中漆器 5.0匠 宝石箱(別珍付) 黒 15X10Xh5.3cm 正倉院風鳳凰 33-3709

ほうおう座は
1603年にドイツの天文学者
ヨハン・バイエルによって作られた新しい星座です。

そのため、
ギリシャ神話に基づいた物語は伝わっていません。

 

ほうおう座のモデルとは?

ほうおう座の鳳凰は
中国神話に出てくる鳥をモデルにしています。

聖人が国をきちんと
治めているときしか現われない
「めでたい鳥」の象徴として日本では認識されています。

 

西洋では
エジプトの神秘的な鳥として知られる
「フェニックス(PHOENIX)」をモデルとしています。

フェニックスは500年に一度、
炎の中に飛び込んで一度死んで再び生き返る
「不死鳥」を表しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2018 All Rights Reserved.