土星の衛星「パンドラ」とは?【簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
土星の衛星
この記事を書いている人 - WRITER -

Pandora

土星の衛星「パンドラ」とは、どんな衛星なのか?

 

土星の衛星「パンドラ」について
なるべくわかりやすく解説していきます。

土星の衛星「パンドラ」とは?【パンドラの概要】

Pandora

土星は少なくとも62個の衛星を持ち、
そのうち53個には正式な名称がつけられています。

「パンドラ」はそのうちのひとつで土星の第17衛星です。

 

 

パンドラの表面には
尾根や溝があるといった特徴や
直径 30 kmほどのクレーターを2つ持ちます。

クレーターの大部分は浅くできているため、
これは細微な氷の塵に覆われているためだと考えられています。

 

また、
他の多くの土星の衛星と同様に
パンドラの自転周期と公転周期は等しくなっています。

これは土星からの潮汐力があるためで、
自己を球形に保つほどは
重力が大きくないため歪な楕円体の形をしています。

 

 

土星の衛星「パンドラ」の概要
  • 名称:パンドラ(Pandora)
  • 別名: Saturn XVII Pandora
  • 分類:土星の衛星
  • 軌道長半径 (a):141,720 ± 10 km

 

土星の衛星「パンドラ」は、いつ、誰が発見した?

Pandora

土星の衛星「パンドラ」は
1980年10月に初めて発見されました。

 

1977年に打ち上げられた
NASAの無人宇宙探査機ボイジャー1号が
撮影し受信された画像の中から
S・A・コリンズが発見しました。

このとき、
S/1980 S 27 という仮符号が与えられています。

また同時に
土星の衛星「プロメテウス」も発見されています。

 

土星の衛星「パンドラ」の名前の由来

Pandora and Friends: Endless Story of Ancient Greek (English Edition)

土星の衛星「パンドラ」は
発見されてから6年後の1986年に命名されました。

これはギリシア神話に登場する
「パンドラ」という女性にちなんで名付けられたものです。

 

 

また、
「Saturn XVII」 という確定番号も与えられました。
※Saturn(サターン)とは英語で土星を意味します。

 

ギリシャ神話「パンドラの箱」のストーリー

Pandora's Box [DVD] [Import]

土星の第17衛星に名づけられた「パンドラ」は
ギリシャ神話の物語で絶世の美女と称賛される女性です。

パンドラは大神ゼウスが
ヘファイストスに命じて作らせた最初の女性です。

 

作らせた理由には
天上の火を盗み人類に火を与えてしまった
プロメテウスの罪を罰するためにです。

 

プロメテウスの弟エピメテウスは
ゼウスから贈られたパンドラを妻として迎えます。

このとき、
神々からの土産として
1個の壺を持たされていたパンドラですが、
神々から決して中を見てはいけない
と忠告されていたものの好奇心から壺を開けてしまいます。

すると壺の中に詰まっていた
世界中の災いをまき散らしてしまい
人類に苦しみを与える原因を作ったと言われています。

 

パンドラが壺の蓋を閉めたときには
壺の中に希望だけが残ったと伝えられています。

 

これが有名な「パンドラの箱」というお話です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2019 All Rights Reserved.