土星の衛星「プロメテウス」とは?【簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
土星の衛星
この記事を書いている人 - WRITER -

Prometheus [Blu-ray] [Import]

土星の衛星「プロメテウス」とは、どんな衛星なのか?

 

土星の衛星「プロメテウス」について
なるべくわかりやすく解説していきます。

土星の衛星「プロメテウス」とは?【プロメテウスの概要】

Prometheus: The Art of the Film (Film Tie in)

土星は少なくとも62個の衛星を持ち、
そのうち53個には正式な名称がつけられています。

 

「プロメテウス」はそのうちのひとつで土星の第16衛星です。

 

プロメテウスの表面には尾根や谷があり、
直径 20 km ほどの衝突クレーターが複数個みられます。

特徴としては細長い形状をしており、
非常に多孔質な氷で出来た天体だと考えられています。

 

 

またプロメテウスは
土星の環#F環内縁の羊飼い衛星でもあります。

羊飼い衛星とは
その衛星の重力作用により、
惑星の環の崩壊を防ぐ影響を与え
維持する働きがある衛星のことを指します。

 

よって、プロメテウスがあることで
土星の環の一部を支えているということです。

 

 

土星の衛星「プロメテウス」の概要
  • 名称:プロメテウス(Saturn XVI Prometheus)
  • 別名:Saturn XVI
  • 分類:土星の衛星
  • 軌道長半径 (a) :139,380±10 km

 

土星の衛星「プロメテウス」は、いつ、誰が発見した?

Interplanetary Robots: True Stories of Space Exploration (English Edition)

土星の衛星「プロメテウス」は
1980年10月にNASAの無人宇宙探査機
ボイジャー1号によって撮影した写真から発見されました。

発見者は
ブラッドフォード・A・スミスが率いる
ボイジャーの撮像チームです。

このとき、
S/1980 S 27 という仮符号が与えられました。

 

また、同じときに
同じく土星の衛星であるパンドラも発見されています。

 

土星の衛星「プロメテウス」の名前の由来

プロメテウス (字幕版)

プロメテウスは1986年1月3日に命名されました。

名前の由来は
ギリシャ神話に登場する巨人
「プロメーテウス」にちなんで名付けられました。

プロメテウスの名は
「先見の明の持主」を意味し、
ギリシャ神話のプロメーテウスも
その名の通り非常に知恵者であったとされています。

 

しかし、プロメテウスは
天上の火を盗み人間に与えたことで、
ゼウスの怒りをかってしまいます。

 

そして、その罰として岩に鎖で縛られ、
鷲に肝臓をついばまれるという戒めに遭います。

ゼウスの許しがない限り、
不死の体を持ったプロメテウスは
永遠にこの苦しみが続くことに。

その後ゼウスの息子ヘラクレスによって助けられ、
ゼウスの許しを得たとギリシャ物語で伝えられています。

 

土星の衛星「プロメテウス」は
Saturn XVI という確定番号も与えられています。
※Saturn(サターン)とは英語で土星を意味します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2019 All Rights Reserved.