はちぶんぎ座ってどんな星座?【神話も紹介】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

8インチMaritime骨董品Marineキャプテン六分儀 – 真鍮航海六分儀

 

はちぶんぎ座ってどんな星座?

 

 

この記事では
はちぶんぎ座がどういう星なのか、
また神話についても
詳しく紹介していきます。

はちぶんぎ座ってどんな星座?【はちぶんぎ座の概要】

【バトルスピリッツ】 第13弾 星座編 星空の王者 八分儀の祠 bs13-065

はちぶんぎ座は
南天にある星座の1つです。

南の星空の中心点である
「天の南極」があることで知られています。

 

しかし、
星座自体はとても地味で
あまり目立つような恒星はありません。

 

 

南半球であれば一年中
南の空で観測することができますが、
残念ながら日本では見ることができない星座です。

南半球で言うと秋の時期、
日本で言うと春の季節に見頃を迎えます。

はちぶんぎ座の概要
  • 名称:はちぶんぎ
  • 学名:Octans
  • 略 符:Oct
  • 概略位置 :赤経・21h00m / 赤緯・-87°
  • 概略面積 : 291平方度
  • 20時南中:10月2日
  • 南中高度: 約-28°
  • 主な季節:南天
  • 肉眼星数:約50個
  • 設定者:ラカイユ

 

はちぶんぎ座を構成する星について

8インチMaritime骨董品Marineキャプテン六分儀 – 真鍮航海六分儀。c-3083

はちぶんぎ座は
南半球の星座の中でも目立たない星座です。

明るい星が少なく、
4等星以下の恒星から成り立っています。

 

その中でも
はちぶんぎ座で注目したい恒星は以下の2つの星になります。

  • はちぶんぎ座ν(ニュー)星
  • はちぶんぎ座σ(シグマ)星

 

はちぶんぎ座ν(ニュー)星

はちぶんぎ座ν(ニュー)星は
はちぶんぎ座のなかで最も明るい恒星で3.76等星です。

赤経-77度23分という南の星空の中心点
「天の南極」に近い位置にあります。

 

またこの星は分光連星で、
周囲には未確認の太陽系外惑星が一つ発見されています。

 

固有名等は付けられておりません。

 

はちぶんぎ座σ(シグマ)星

はちぶんぎ座σ(シグマ)星は
5.42等星と明るい星ではありません。

この星が注目されるのは
バイエル符号の付いた恒星の中で
最も「天の南極」の近くに位置しているからです。

 

そのため南半球では
このはちぶんぎ座σ(シグマ)星を使って
赤道儀の極軸合わせをすることになります。

 

 

また、
はちぶんぎ座σ(シグマ)星は
はちぶんぎ座で唯一固有名を持っています。

 

18世紀には「南のポラリス」を意味する
ポラリス・アウストラリス(Polaris Australis)が
名付けられていましたが、
広く使われていませんでした。

 

その後、
2017年9月5日に
ポラリス・アウストラリス(Polaris Australis)を
はちぶんぎ座σ(シグマ)星の固有名として正式に承認されました。

 

 

はちぶんぎ座の神話について

Captain 's真鍮六分儀8インチby手作りモデルShips

はちぶんぎ座は
フランスの天文学者である
ニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって設定された星座です。

 

1731年頃にイギリスのJ ・ハドレーが発明した
「八分儀」という航海用具をモチーフに
1752年「はちぶんぎ座」を作りました。

 

そのため新しい星座であって
ギリシア神話等には関係がなく、
伝説等も伝わっていません。

 

はちぶんぎ座の八分儀とはどんなもの?

はちぶんぎ座の八分儀とは、
星と星の間の距離を測るための測定器具です。

主に天体の離隔や水平からの高度など
距離や角度、高さ等を計測します。

 

八分儀の弧の大きさが45度
つまり360度のうちの8分の1であることから
八分儀という名が付けられたと言われています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2018 All Rights Reserved.