コップ座ってどんな星座?【神話も紹介】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

コップ座ってどんな星座?

 

 

この記事では
コップ座がどういう星なのか、
また神話についても
詳しく紹介していきます。

コップ座ってどんな星座?【コップ座の概要】

コップ座は
ギリシア時代に作られた古い星座で
プトレマイオスの48星座のひとつにも選ばれています。

日本では
2月〜7月の約6カ月間に見ることができ、
もっとも見頃を迎えるのは春の時期です。

 

 

コップ座にはこれといって明るい恒星がなく、
全体的には暗い星座です。

 

しかし、
コップ座の周りにある星座をたどると
見つけやすいでしょう。

コップ座を探す目印となるのが
うみへび座で、
うみへびの背中に乗るように位置しています。

 

また、
ろくぶんぎ座とからす座との間に
コップ座があるため、
その場所も探す際には目印になります。

 

 

 

コップ座の概要
  • 名称:コップ
  • 学名:Crater
  • 略 符:Crt
  • 概略位置 :赤経・11h20m / 赤緯・-15°
  • 概略面積 : 282平方度
  • 20時南中:5月8日
  • 南中高度:約40°
  • 主な季節:春
  • 肉眼星数:約30個
  • 設定者:プトレマイオス

 

コップ座を構成する星について

コップ座は
4等星と5等星で主に構成されており、
目を引くような恒星はありません。

 

4等星は4つあり、
その中でも

  • コップ座δ(デルタ)星
  • コップ座α(アルファ)星

がコップ座の中では目印となるでしょう。

 

コップ座δ(デルタ)星

コップ座δ(デルタ)星は
コップ座で最も明るい恒星で3.56等星です。

 

固有名をLabrum(ラブラム)といいますが、
国際天文学連合が正式に承認したという発表はまだありません。

 

コップ座α(アルファ)星

コップ座α(アルファ)星は
コップ座の中で3番目に明るい恒星で4.08等星です。

 

固有名をアルケス(Alkes)といい、
アラビア語で
「(ワインを飲むための)カップ」を意味する
الكاس alkās または الكأس alka’s に由来します。

 

アルケス(Alkes)を
コップ座α(アルファ)星の固有名として
正式に承認されたのは2016年9月12日です。

 

コップ座の神話について

コップ座はギリシャ神話に登場する
酒神ディオニュソスや
音楽の神アポロンが愛用していたコップが
モデルになったと伝えられています。

また一説では、
コルキス王の娘であるメディアの杯だとも言われています。

 

コップ座のモデルとは?

この星座のモデルとなったコップは
私たちが普段使うようなコップではなく、
取っ手の付いた大きな杯です。

 

これは
古代ギリシア時代で日常的に使われていた
クラーテルと呼ばれる杯で、
星座絵では耳付きの立派な盃(さかずき)の姿で描かれています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2018 All Rights Reserved.