てんびん座ってどんな星座?【神話も紹介】

WRITER
 
天秤座
この記事を書いている人 - WRITER -

てんびん座ってどんな星座?

 

この記事では
てんびん座がどういう星なのか、
また神話についても
詳しく紹介していきます。

てんびん座ってどんな星座?【てんびん座の概要】

HMWR(ヒマワリ) おしゃれ 神話 十二星座 星座柄 宇宙柄 星空 天秤座 てんびん座 ライブラー レディース メンズ 子供用 三つ折り傘 折りたたみ傘 頑丈な8本骨 耐強風 軽量 撥水性 大きい 手動開閉 雨傘 日傘 晴雨兼用 収納ケース付 携帯用 かさ

てんびん座は
黄道12星座のひとつでもあり、
プトレマイオスの48星座にもなっていて、
古代ギリシア時代には既に知られていたとされる古い星座です。

 

夏の南の夜空に見えるてんびん座は、
元々はさそり座の一部として
ギリシア時代までは
サソリのハサミの部分になっていたと言われています。

その後、
ローマ時代になってから
独立した星座として認識されるようになり
正義と天文の女神である
アストレイヤ(アストレア)が持っている天秤がモデルだとされています。

 

 

てんびん座は
さそり座の赤く光る1等星アンタレスを
目印にして探すと見つけやすいでしょう。

さそり座は全体がS字のように星が並んでいて
サソリの頭の西側部分にてんびん座が位置しています。

 

てんびん座の概要
  • 名称:てんびん
  • 学名: Libra
  • 略 符:Lib
  • 概略位置 :赤経・15h10m / 赤緯・-14°
  • 概略面積 : 538平方度
  • 20時南中: 7月6日
  • 南中高度: 約40°
  • 主な季節:夏
  • 肉眼星数:約80個
  • 設定者:プトレマイオス

 

てんびん座を構成する星について

スターユニバースてんびん座パターン スクエアな枕を挿入してクッションカバーの家のソファの装飾贈り物 50cm x 50cm

てんびん座は2等級より明るい星はなく、
3つの3等星から構成されます。

 

  • てんびん座α(アルファ)星
  • てんびん座β(ベータ)星
  • てんびん座σ(シグマ)星

 

星座絵でいうと
α(アルファ)星、β(ベータ)星は
てんびん棒の部分にあたり、
σ(シグマ)星はてんびんの皿の部分にあたります。

 

てんびん座α(アルファ)星

てんびん座α(アルファ)星は
てんびん座の中で2番目に明るく二重星です。

 

固有名はズベン・エル・ゲヌビ (Zubenelgenubi) で
アラビア語で「南の爪」を意味する
الزبن الجنوبي (az-zuban al-janūbiyy) に由来します。

また別の説で 、
ズバーナー・ジャヌービー
الزبانا الجنوبي (az-zubānā al-ğanūbī)と表記されることもあります。

かつて、
てんびん座がさそり座の爪を表していたことからきています。

 

また、
アラビア語で「皿」を意味するキファと
ラテン語で「南」を意味する
アウストラリスとを合成した
キファ・アウストラリス(Kiffa Australis,Elkhiffa Australis)
という名で呼ばれることもありました。

 

ズベン・エル・ゲヌビ (Zubenelgenubi) が
てんびん座α(アルファ)星の固有名として
正式に承認された日は2016年8月21日です。

 

てんびん座β(ベータ)星

てんびん座β(ベータ)星は
てんびん座の中で最も明るい3等星の恒星です。

固有名は
ズベン・エス・カマリ (Zubeneschamali)といい
アラビア語で「北の爪」を意味する
الزبن الشمالية (al-zuban al-šamāliyya) に由来します。

 

ズベン・エス・カマリ (Zubeneschamali)が
てんびん座β(ベータ)星の固有名として
正式に承認された日は2016年8月21日です。

 

てんびん座σ(シグマ)星

てんびん座σ(シグマ)星は
てんびん座の中で3番目に明るい恒星です。

固有名は
ブラキウム(Brachium) といい、
ラテン語で「腕」を意味する言葉に由来します。

また、
アラビア語で「南の爪」を意味する
az-zuban al-janūbiyyに由来する
ズベン・ハクラビ (Zubenhakurabi) と呼ばれたこともあります。

 

ブラキウム(Brachium) が
てんびん座σ(シグマ)星の固有名として
正式に承認された日は2017年9月5日です。

 

てんびん座の神話について

スターリーテイルズ/STARRY TALES [DVD]

てんびん座は古い星座なので、
ギリシア神話やローマ神話の物語の中に登場してきます。

 

ギリシア神話のてんびん座は
女神アストレイヤが持っている
正邪を量る天秤がモデルとされています。

 

てんびん座の近くにあるおとめ座が
アストレアの姿であり、
その天秤を使って死者の霊の善悪を計り、
悪に傾いたものを冥界におくる役目を果たしていました。

 

この頃の人間の心は平穏で、
大きな争いごともなく平和に暮らしていました。

アストレアだけでなく
他の神々も天界から降りてきて
人間と共に仲良く暮らしていました。

 

しかし、
パンドラという女性が
世界中の災厄が入った箱を開けてしまい
全ての災厄は世界中へと飛び散ってしまいます。

 

そうなると人々は争うようになり、
その様子を見ていた神々は天上の世界へと帰って行きます。

しかし、
アストレアだけは人の世界に留まり
善行を薦め悪を改めるよう人々を諭します。

 

それでもより一層激しく争うばかりで
アストレアでも手に負えなくなり、
人々を見限って天上の世界へ帰ってしまうというお話です。

 

 

現在の秋分点はおとめ座にありますが、
かつての秋分点はてんびん座に位置していました。

このため、
秋分の日には太陽がこの星座にかかり、
昼夜の長さを等しくわけていたことから、
時をはかる天秤とも言われています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2018 All Rights Reserved.