やまねこ座ってどんな星座?【神話も紹介】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

やまねこ座ってどんな星座?

 

 

この記事では
やまねこ座がどういう星なのか、
また神話についても
詳しく紹介していきます。

やまねこ座ってどんな星座?【やまねこ座の概要】

やまねこ座は1687年に設定された新しい星座です。

春が見頃とされる北天の星座で、
やまねこの頭の部分は
一年を通して見ることができますが、
全体像は11月~7月の約9ヵ月間に見ることができます。

 

やまねこ座の星の並びは
比較的直線に並んで特徴がなく、
明るい恒星もないため見つけにくいです。

 

そのため、
やまねこ座の周りで輝く
ぎょしゃ座、ふたご座、かに座、
おおぐま座などを目印にして探し出すと
見つけやすいでしょう。

 

 

 

やまねこ座の概要
  • 名称:やまねこ
  • 学名: Lynx
  • 略 符:Lyn
  • 概略位置 :赤経・7h50m / 赤緯・+45°
  • 概略面積 :545平方度
  • 20時南中:3月16日
  • 南中高度:約79°
  • 主な季節:冬
  • 肉眼星数:約90個
  • 設定者:ヘベリウス

 

やまねこ座を構成する星について

やまねこ座を構成する星は
全て3等星以下の星ばかりで、
全体的に暗い星座になります。

 

他には星座の中ほどあたりに
NGC 2419の球状星団があり、
地球から約20万光年離れた場所にあります。

これは最も地球から遠い
球状星団のひとつとして知られていますが、
肉眼で見ることは難しいため
望遠鏡を用いて観察する必要があります。

 

肉眼で見られるか、見られないか、
空の明るさによっても影響してきますが、
やまねこ座の中で
唯一ある明るい星が3等星で
やまねこ座α (アルファ)星になります。

 

やまねこ座α(アルファ)星

やまねこ座α(アルファ)星は
やまねこ座の中でもっとも明るい恒星で3.1等星です。

 

やまねこ座の星座絵でいうと
しっぽの先端部分にあたります。

 

正式な固有名は付けられておらず、
やまねこ座の中では
ギリシャ語のアルファベットと
星座名とを組み合わせた恒星は他になく
α(アルファ)星だけになります。

 

やまねこ座の神話について

やまねこ座は新しい星座であるため、
神話や伝説などは特に伝えられていません。

 

ヨハネス・ヘヴェリウスが命名した当初は
「山猫、または虎」という曖昧な名前でした。

その後、
やまねこ座として定着していきますが、
なぜ「やまねこ」を選んだのか理由はわかっていません。

 

また星座を設定した本人でさえ、
「この星座を見つけるためには
山猫のような鋭い目が必要だ」というほど
見つけにくい星座として
言い伝えられていることは有名なお話しです。

 

 

ヨハネス・ヘヴェリウスは
やまねこ座の他にも
こぎつね座やとかげ座なども設定します。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2018 All Rights Reserved.