はくちょう座ってどんな星座?【神話も紹介】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

はくちょう座ってどんな星座?

 

この記事では
はくちょう座がどういう星なのか、
また神話についても
詳しく紹介していきます。

はくちょう座ってどんな星座?【はくちょう座座の概要】

はくちょう座は
プトレマイオスの48星座の中のひとつで、
紀元前1200年頃には既に知られていた古い星座です。

 

夏の代表的な星座として挙げられ
夏の夜空の空高く見えますが、
12月下旬の宵頃であれば
西の地平線近く頭を下にして
十字架のような形で描き出されています。

 

整った形をしていることから、
南天のみなみじゅうじ座(南十字星)に対して、
はくちょう座は「北十字座」とも呼ばれています。

 

 

はくちょう座の概要
  • 名称:はくちょう
  • 学名:Cygnus
  • 略 符: Cyg
  • 概略位置 :赤経・20h30m / 赤緯・+43°
  • 概略面積 :804平方度
  • 20時南中:9月25日
  • 南中高度:約80°
  • 主な季節:夏
  • 肉眼星数:約260個
  • 設定者:プトレマイオス

 

はくちょう座を構成する星について

はくちょう座には明るい恒星がいくつかあり、
1等星のはくちょう座α(アルファ)星以外にも
2等星のはくちょう座γ(ガンマ)星、
はくちょう座ε(イプシロン)星の2つの星も存在します。

 

はくちょう座α(アルファ)星

はくちょう座α(アルファ)星は
はくちょう座で最も明るい恒星で
全天21の1等星のなかのひとつです。

 

固有名をデネブ (Deneb)と呼び、
アラビア語で「めんどりの尾」を意味する
「ذنب الدجاجة dhanab ad-Dajāja」
という言葉の中の
「尾」を意味する語「ذنب dhanab」に由来しています。

デネブ (Deneb)は
はくちょう座の星座絵の位置で
尾のところにあることからこの名が付けられました。

 

デネブ (Deneb)が
はくちょう座α(アルファ)星の固有名として
正式に承認された日は2016年6月30日です。

 

はくちょう座γ(ガンマ)星

はくちょう座γ(ガンマ)星は
はくちょう座で2番目に明るい恒星で、
北十字の交点に位置しています。

 

固有名はサドル (Sadr)で
アラビア語で「雌鶏の胸」を意味する
صدر ṣadr al-dajāja に由来しています。

サドル (Sadr)が
はくちょう座γ(ガンマ)星の固有名として
正式に承認された日は2016年8月21日です。

 

はくちょう座ε(イプシロン)星

はくちょう座ε(イプシロン)星は
北十字を構成する星のひとつです。

ε(イプシロン)星はもともと、
ギェナー (Gienah) という
からす座γ星と同じ名前が付けられていました。

 

しかし、
ギェナーがからす座γ星の固有名として
正式に承認されたため、
アラビア語で「つばさ」を意味する
al-janāḥという言葉に由来して、
「Aljanah」 という固有名が2017年6月30日に承認されました。

 

はくちょう座の神話について

はくちょう座は古くから知られる星座で、
ギリシア神話の中にも
はくちょう座についての物語が伝えられています。

 

この白鳥は大神ゼウスが
姿を変えたものだと言われています。

ゼウスはスパルタ王の王妃レダを気に入り、
白鳥の姿に身を変えてレダに会いに行きます。

レダはそれがゼウスの化身とは知らず、
美しい白鳥だと思い、優しく抱き寄せてしまいます。

 

やがてレダは2つの卵を産み、
その卵のひとつからは双子の兄弟
カストルとポルックスが生まれ、
この2人はふたご座のモデルです。

もうひとつの卵からは
双子の姉妹が誕生し、
トロイのヘレン、クリュテムメストラという
美しい女性が生まれたと伝えられています。

 

また他にも、
ゼウスの怒りにふれてエリダヌス川に落ちた
パエトーンを探す友人キュクノスという説や、
琴の名手であるオルフェウス(オルペウス)だとも言われています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2018 All Rights Reserved.