みなみじゅうじ座ってどんな星座?【神話も紹介】

WRITER
 
南十字
この記事を書いている人 - WRITER -

みなみじゅうじ座ってどんな星座?

 

この記事では
みなみじゅうじ座がどういう星なのか、
また神話についても
詳しく紹介していきます。

みなみじゅうじ座ってどんな星座?【みなみじゅうじ座の概要】

南十字星+2

みなみじゅうじ座は
全天88ある星座の中で最も小さい星座です。

しかしながら、
南天を代表する美しい星座として知られ、
名前のように十字の形に星が並んでいます。

 

 

みなみじゅうじ座は小さいながらも
比較的見つけやすい星座です。

 

探す際は
ケンタウルス座の2つの1等星である
ケンタウルス座α星(リギル・ケンタウルス)
からケンタウルス座β星(ハダル)への線を
およそ2倍伸ばしたところに
みなみじゅうじ座が位置しています。

みなみじゅうじ座の概要
  • 名称:みなみじゅうじ
  • 学名:Crux
  • 略 符: Cru
  • 概略位置 :赤経・12h20m / 赤緯・-60°
  • 概略面積 :68平方度
  • 20時南中:5月23日
  • 南中高度:約-5°
  • 主な季節:南天
  • 肉眼星数:約50個
  • 設定者:バルチウス

 

みなみじゅうじ座を構成する星について

誰でも見つかる南十字星―南天の星空ガイド

みなみじゅうじ座は
全天21ある1等星を2つ持っている他にも
2等星が1つ、3等星が1つと
明るい星から構成されています。

 

そのみなみじゅうじ座の
1等星にあたるのが次の2つの恒星です。

  • みなみじゅうじ座α(アルファ)星
  • みなみじゅうじ座β(ベータ)星

 

みなみじゅうじ座α(アルファ)星

みなみじゅうじ座α(アルファ)星は
最も南に位置する1等星で3連星です。

 

固有名をアクルックス (Acrux)といい
意味を持った名前ではなく、
単にアルファ (Alpha) のア(A)と
みなみじゅうじ座を表すクルックス (Crux) とを
組み合わせて名付けたものとされています。

 

アクルックス (Acrux)が
みなみじゅうじ座α(アルファ)星の
固有名として正式に承認されたのは2016年7月20日です。

 

みなみじゅうじ座β(ベータ)星

みなみじゅうじ座β(ベータ)星は
みなみじゅうじ座のなかで最も明るい恒星で1.25等星です。

 

固有名をミモザ (Mimosa)といい、
ミモザの原義である「オジギソウ」に由来します。

 

また、
別名でベクルックス(Becrux)
と呼ばれていたこともありましたが、
2016年7月20日にミモザ (Mimosa)を
みなみじゅうじ座β(ベータ)星の固有名として正式に承認されました。

 

みなみじゅうじ座の神話について

星に想いを 2箱セット

みなみじゅうじ座は
シュメール時代には
既に知られていた星座ですが
神話や伝説などは伝わっていません。

 

古代ギリシャ時代では
ケンタウルス座の一部として存在していました。

 

しかしその後の1624年、
ドイツの天文学者である
ヤコブス・バルチウスによって
独立した星座として描かれるようになりました。

 

みなみじゅうじ座は別名で
「南十字星」や「サザン・クロス」などとも
呼ばれていたこともあります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ただ、宇宙って何だろう。 , 2018 All Rights Reserved.